スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
クリスタルウォーターズに戻ってきて
2008/07/28(Mon)

相変わらず雨が多く、今日も空は晴れてるのに降ったり止んだり。

マックスは今海外(インド、カンボジアなど)に出張中で不在です。なので、代わりに韓国人のウーファー(4ヶ月間マックスの生徒だった)やマックスの奥さんが仕事について教えてくれてます。

広い野菜畑からは毎日好きなだけ食べていいと言われ、ハッピー!
オレンジとマンドリン(温州みかんみたいなやつ)もたくさん。
金柑や琵琶もありますね~。
琵琶は初めて見たなぁ、オーストラリアでは。

P1010095_convert_20080728175007.jpg
これがマッシュルーム。実はこれは2ヶ月前にマックス宅を訪れたときに撮影したもので、今はほとんど残ってない~貴重だ。。


最初のホストファミリーの家とも目と鼻の先で、遊びに行ってます。
しかもそのホスト宅に日本人のウーファーがいて、女の子で歳も近いし、
久々に日本語で話せるってのもあり、嬉しい!
今日から一緒にウォーキングかランニングしよっかーと言うてます。

もう見飽きつつありますが、やっぱり近くで見ると感動する、カンガルーたち
そしてたくさんのきれいな野生の鳥たち。
とってもきれいな声です。
(クリスタルウォーターズでは170種類見れるらしいです!驚き!)

P1010779_convert_20080728175643.jpg

P1010785_convert_20080728180144.jpg

P1010047_convert_20080728180517.jpg

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
雨が続いてます
2008/07/24(Thu)
二日間雨が降りっぱなしです。
雨だとやっぱりちょっと肌寒いです。
StarLightの川は洪水で、車が通れなかったのでコース変更して別の道から町に出てきました。

StarLightでも水は雨水のタンクから使いますが、それが切れると、水を買わないといけないようです。

なので、雨が長い間(ひと月以上)降らないと、水の使い方を注意しないといけません。
今は子供たちは毎日小さな容器をお風呂にしお湯を入れて浸かってますが、長期間雨がなければサッとシャワーを浴びるだけにします。
ここ5年ぐらい、冬はひと月青空が続くというのが通常だったらしいけど、今年は雨が比較的多いみたい。
確かに、雨が少ないとは全く感じないもんな~。

だからといって、いつも水不足になる危険性はあるので、やはり水の使い方に注意する必要があります。

そして、このStarLightとは今日でお別れ。
二週間は本当にあっという間でした。
この家では、家を建てる手伝いをしたり、フェルトを教えてもらったり、また初の体験がいろいろできました。

そして子供たちとの生活。
転んでは起き、転んでは起きる彼らは、強くて真っ直ぐで、大きな力を持ってるなぁと感じます。
二週間前、駅で最初に会って話し掛けてくれたのはローリーだったなぁ。
わたしが誰かもわからないのに、笑いかけてくれたことに、心細さも吹き飛びました。
ラブリーな家族、ありがとう~!


でもって、今日から、クリスタルウォーターズに戻ってきています。
以前ブログにも載せた、マックスにお世話になります。
前回クリスタルウォーターズにいたときに、ステイしたいとお願いしたんですが、部屋が生徒でいっぱいやと言うことで空くのを待っていました。

マックスはこのクリスタルウォーターズをエコビレッジとしてデザインした人のうちの一人です。
生徒というのは、4ヶ月間で1コース、
パーマカルチャーのシステム、実践についてマックス宅にステイしながら学ぶ人たちのことで、
2~7月初めまで受け入れていました。
アメリカ、韓国から大学生4人きてました。
そうそう、一緒にBBQした人たちです。

マックスは大きな野菜畑、オレンジなど果物畑を持っています。
また牛、鶏、蜂を飼っていてめちゃめちゃおいしい蜂蜜が食べられます!
マックスの庭に着いた途端、ものすごい甘い匂いが…
あと、マッシュルーム!
生で食べたけど、甘くてジューシー!
これらを毎日食べられることも幸せだな~。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
かわいいキッズ
2008/07/21(Mon)
お姉ちゃんのジンジャーは小学二年生で、
両親の血を引き継ぎ?(両親ともグラフィックデザイナー)、
お絵描きが大好き

けれども、彼女は感情の起伏が激しく、両親は手を焼いています。
親が何度も注意しても言うことを聞かなかったり、
学校へ行く前に泣きわめいて「学校行かない!」とごねたり。。
両親はいつも、協調性を持ちなさい、と言っています。
あまりに言うことを聞かないと、子供部屋に少しの時間閉じ込めます。

ジンジャーも少しずつ学んできてるようですが、
親も根気がいるなぁと、子供を育てる大変さも垣間見ました。
こんな幼い子供と生活したことがないわたしきとって初の体験。
子供は好きだけど、親もがんばらんとあかんねんなぁと、しつけの難しさも実感しました。


弟のローリーは三歳で、まだ会話もたどたどしくちゃんとしゃべれないのがまたかわいい
車が大好きで朝から夢中で車のおもちゃで遊んでいます。

ハンモックに乗ってぐるぐる回り、急速回転するのが好きで「キャーキャー」言いながら楽しんでます。
「クミコの番」と言われ、見てたら楽しそうなのでやってみると
(わたしがハンモックに乗りローリーがハンモックを回す)、
気持ち悪くなって午後の仕事ができませんでした。
恐るべし子供。。
P1010503_convert_20080721183942.jpg


ところで、毎日夕食後、手持ちぶさたなわたしは、編み物をすることにしました。
そして、そんな二人の子供に手袋を編むことに。
毛糸はジェーン(二人の母親)にもらって。
二人の手のサイズをさりげなく調べだいたいを掴みましたが、ちょっと不安ながらも、完成。

そして簡単な手紙と一緒にラッピングし、夜中にジェーンにこっそり彼らの枕元に置いてもらい、
朝を待ちました。
次の日の朝、ジンジャーは、「マミー、何これ???」
と驚いた様子でジェーンに尋ねてきたようで、ジェーンが着け方を教え、二人は納得。
この手袋、指までない形で、彼らは初めて見たみたいです。
サイズも合い、気に入ってくれたみたいでよかった
P1010620_convert_20080721183436.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
国立公園
2008/07/17(Thu)
今日は昼過ぎまでフリーで、Noosa(ヌーサ)という町にある国立公園に行ってきました。
オーストラリアには国立公園がたくさんあるのでハッピー!

Mapleton(メイプルトン)にもホスト宅の近くに国立公園があり、
マラソンの練習によく走りにいってました。
ビューティフルな森と滝!
P1010196_convert_20080717161755.jpg



NoosaはYandina(ヤンディーナ)から車で40分ぐらい北へ向かったところにあります。
海沿いにある町で国立公園から見える景色は山あり海ありで最高です!
今日は雨が降ったり止んだりでしたが、たくさんのサーファーが。
冬でも関係なしやね。

P1010533_convert_20080717160122.jpg

P1010518_convert_20080717161043.jpg
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
リサイクル
2008/07/16(Wed)
StarLightCommunityでは毎日登山を楽しんでいます。
仕事はガーデニング、子供と遊ぶ(レゴで飛行機や城を作ったり、お絵かきしたり、トランポリンしたり)、料理など。
やっぱり子供がいるから、子守りや料理の手伝いをすると助かるみたいです。
しかも妊婦さんやから、普通に生活してるだけでも通常より疲れが大きいしね。

出産は家で行うみたいです。
長女、長男も家に助産婦さんが二人来て出産したみたい。
9月出産予定。
わ~立ち合いたかったな~!


ところで、わたしの部屋はキャラバンで、キッチン、ダブルベッド、ソファー、テーブル、椅子が置かれてます。
昼夕食はホストと一緒に食べますが、朝食と寝るのはキャラバン内です。
オーストラリアではちょくちょく見るキャラバン暮らし。
わたしは初の体験ですが、寒くもなく意外に居心地いいです。
P1010460_convert_20080716155205.jpg

P1010448_convert_20080716154452.jpg


そして、トイレはコンポストトイレで、水は流れず、排泄物は堆肥になります。
節水ですね。
P1010497_convert_20080716153800.jpg


ある雨の日に、室内で作業をしました。
子供たちの、汚れて(落書きとかで)着なくなった服を切っていき、ひもを作ります。
それを編むと、座布団ができるんですね~。
リサイクルです。
しかもかわいくてしっかりしてます、この座布団。
うちにも着なくなった服いっぱいあるから、これはやってみたいな!
P1010489_convert_20080716153102.jpg
P1010492_convert_20080716152444.jpg


また、ホストは今の家が小さすぎるとのことで新たに家を建てています。
今の家の木は新しい家にも使われます。
リサイクルですね~。

暖炉を使ったあとの灰はコンポストとして畑に使われます。

各家庭、いろいろリサイクルの工夫をしています。
ゴミとして出すのは簡単だけど、燃やすのに燃料が必要だし、燃やすこと自体環境によくありません。
リサイクルによって、売ってない自分だけのアイテムが作れたりするし、いろんなアイデアでリサイクルを楽しみたいですね。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
Star Light Communityより
2008/07/13(Sun)
アボカド収穫を終え、次の場所へうつる日がきました。
P1010421_convert_20080713183956.jpg
〈アボカドの木〉

P1010416_convert_20080713183358.jpg
〈収穫きたアボカドの一部〉

偶然の出会いから、4日間も泊めてもらいご馳走してもらい、ウーフの休息地となりました。
また休息が必要になればここに来ます!

3つ目のウーフホストは、ヤンディーナという町(メイプルトンから西北へバスと車で約一時間)にある
Star Light Communityに住んでいます。
1970年に作られたこのコミュニティは、
23家族が住む小さな規模で互いに助け合いがわりと強力です。
家を建てる手伝いや子守り、学校の送迎、共同でディナーを食べるなど、繋がりが強いように思います。
また、コミュニティのルールで、森の木は切らずに残そう、と決められています。
森の中に家があり、静かで平和な感じ。
P1010468_convert_20080713185238.jpg


ホストは若い夫婦で、3歳男の子(ローリー)と6歳女の子(ジンジャー)の子供がいます。
(さらにお腹の中には29weeksの赤ちゃんが)
わたしは日本では老人ホームで働いていたので、正反対の子供との暮らしは新鮮!
子供てこんな泣くの?ってぐらいすぐ泣きますね~
遊んで泣いて笑って大忙し。
さっきローリーが泣いて泣き止んだと思ったら、次はジンジャー。
お母さんはタフやなぁと思ったよ。
お母さんありがとう!(今更ながら)

この夫婦は、シドニーに住んでいて、6年前に引っ越してきたようです。
シドニーはオーストラリアで一番大きな都市で、二人は長く住むなら自然豊かな場所がいいと思って移ってきたみたい。
子供を育てるのにはいい環境やと言うてました。
近所の子供たちと、一日中走り回ってるか、トランポリンで遊んでますね~。
山あり川あり木ありジャングルあり(?)、きっと退屈しないやろうなぁ。
テレビゲームや家の中で過ごすより、外で他の子供たちと遊んで、コミュニケーションをとり、ものや感情をシェアし、ギブアンドテイクを覚え、子供たちにはいい環境やなぁとわたしも思います。

この記事のURL | 未分類 | CM(1) | TB(0) | ▲ top
楽しかった~
2008/07/08(Tue)
初マラソン、完走しました
日の出と同時にスタートし、海沿いを走る気持ちのいいコース。
スタート時はにわか雨もありましたが、基本的にずっと曇っていて、走るには最適の天候!暑くないし、虹も見れたしね。
フルマラソン何人ぐらい走ったんやろう。
わからないけど、たぶん3000人ぐらいかな。

ほとんど平坦な道で、20kmまではあっという間なんだけど、
後半は予想通り、足と腕がしびれてきて、30kmぐらいがピーク。
あきらか60歳過ぎのおじさんたちもがんばってんだから、負けてられないーとか思うけど、
もうそんなことも考えてられない。
自分との闘い。

けど、42km区間ずーっと誰かが声援飛ばしてくれるし、
マラカスとか太鼓とかたたいてたり歌ってくれてる人とか、
ハイタッチしてくれる人とかいるの。

ランナーはゼッケンにローマ字で名前書いてるから、
「Kumikoー(Qの本名)」
「Keep going!」
「がんばれー」
とか(日本人応援団だらけなので日本語も飛びかってる)声かけてくれるので、
めちゃ楽しく走れました
マイアミの海も超きれいし。
なぜかドラえもんの格好とかコスプレ?みたいな人もいて、笑えた…
半分ジョークやんね…

そして、前の前のホストファミリーが応援にきてくれたんです。
はるばる、車で三時間かけて。
感激~。
ゴールで待っててくれて、わたしがフィニッシュしたあと、マッサージもしてくれ、一緒にランチをして、さよならしました。
P1010414_convert_20080708105718.jpg


案の定、全身筋肉痛なので、ちょっと一休み
先週知り合ったマレニー(クリスタルウォーターズとメイプルトンの間)のお宅におじゃましています。
50歳ぐらいの夫婦で二人とも普段ゴールドコーストに住んでいて、高校の先生をしています。
旦那さんは、boading-schoolという、インターナショナルの寄宿学校で朝から夜中まで働き、そこで泊まっているんだって。
多忙すぎ!

なので月一度週末はマレニー(奥さんの実家の隣のログハウス)にリフレッシュしにくるとのこと。
今は学校は冬休みなので(公立学校は2週間、私立学校は3週間)、
今週いっぱいはマレニーでゆっくりするみたいです。

次の夏休みには、ニュージーランド→カンボジア→日本へ旅する計画をたてている。
オーストラリアの人は旅好きなやぁと思います。
あと、キャンプも。
日本人と似てる?!
だから気質が合うのかな。
日本人好きなオーストラリア人が多いように思います。
たまにアジア人を敬遠する人もいるみたいだけど。

彼らは7.5エーカーの広大な敷地を持ってて、200本のアボカドの木を栽培してます。
今からアボカドの収穫期に入るので、手伝ってます。
リハビリにはちょうどいい感じ?!
この記事のURL | 未分類 | CM(8) | TB(0) | ▲ top
あいにくの…
2008/07/05(Sat)
雨です。
今日はゴールドコースト散策の予定が…残念。

いま滞在させてもらってるお宅は、あしたのマラソンスタート地点(サーファーズパラダイスより北へ約5km)から歩いて30分ほどで、超好都合。
突然の連絡にも関わらず泊めていただけて、本当にありがたいです。
今日マラソンの受付にいったら、日本人多かった~。あしたは全種目合わせて2万人走るみたいです。
こけないようにしないと

ご存知の方も多いと思いますが、ゴールドコーストは南北に長く、海そしてサーフィンで有名です。
が、実は車で20分ぐらいいくと世界遺産もあり、森もあり、うさぎなど野生動物もいて、自然豊かな場所もある、ときのう聞きました。
知らなかった~。
奥さんの実家がその辺りらしい。
日本人が多い(サーファーも住人も)ことで知られるゴールドコーストですが、最近は減ってきてるみたいです。
オーストラリアの中でも都会のゴールドコーストですが、通っている電車は一本。
しかも半分までしか通ってません。南半分へ行くには、交通機関はバスのみ。
しかも便も少ない。
いかに日本の交通機関が発達している(多すぎる?)かがわかります。
なので、オーストラリアではどこに住んでいても、車が必要なんですね~。


ここゴールドコーストももちろん水不足が問題です。
でも都市では水道が普及しているので、クリスタルウォーターズやメイプルトンのような田舎のように各家庭にウォータータンクをつける必要はありません。
このような地方の家庭の多くは、ウォータータンクをつけることが義務づけられてるんですね。

ヘザーの家では小約2万リットル、大約3リットルの水が蓄えられています。これらは雨水からきており、屋根からの雨水は全てこのタンクに入るように、パイプをつなげています
P1010396_convert_20080705132520.jpg


家の中で使う水は全てここから賄われます。
この中の水がなくなれば川やダムから水をひかないといけいので、食器洗いやシャワーなども水をセーブして使います。
また、ヘザーの家では、別のタンクもあり、こちらは地下水を蓄えていて、畑の水やりなどに使われます。


あしたの天気はどうなのか?
晴れより少しぐらい雨降ったほうが走りやすいですけどね~。
景色楽しんで走りまーす
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
全ては土に戻る
2008/07/04(Fri)
先日、レタスやスプリングオニオン、パセリなどを植えました。
その過程はこんな感じ。

①土を耕す。
P1010222_convert_20080705131818.jpg

土を柔らかくし空気を入れる。
雑草が生えていたら抜く。
前回育てていた野菜の根などが残っていたら鋤込む。
(野菜の栄養などを土に与える)
ヘザーと彼女の古くからの友達(ビル。89歳!)
P1010223_convert_20080704210327.jpg


②コンポストを鋤込む。
コンポストは(この家庭の場合)、
細かくした雑草、マカダミアナッツの殻、羊の糞、コーヒーのかすを順にかぶせ(4回転ほど)、6ヶ月おいたものを使う。
P1010307_convert_20080704212521.jpg

P1010229_convert_20080704210853.jpg


③定植。
根は真っ直ぐ下へ伸びるように、土の高さと同じ高さに植える。
P1010241_convert_20080704211457.jpg


④マルチをする。
マルチは、枯れた太めの雑草の茎や木の枝を機械で砕いたもの。植えた野菜の周りに敷く。乾燥と寒さを防ぐため。
P1010246_convert_20080704211916.jpg


⑤水やり
以上。

ちなみに野菜・果物の皮、抜いた草などは羊や鶏が食べます。
動物を飼っていなければ、皮はコンポスト、草はマルチにもできますね~。

こうやってみてると、全てが土へ返っていきますね。
ゴミ(ムダ)がほんまに少ないんです。
これこそパーマカルチャー。環境に負荷をかけず持続できる方法です。
そしておいしい!

有機野菜は一般的にはこのように作られます。
または有機の肥料を買う人もいます。

オーストラリアは土地が広くほとんどの人が広い庭を持ってます。
けど、野菜を作ってる人は少ないですねぇ。
花や木が植えてある人がほとんどです。
せっかく土地があるのにもったいない!
日本はガーデニングしたくても土地がない人が多いのになぁ。

今日ヘザーの家を出ました。
ヘザーもヘザーの野菜も恋しくなるなぁ。

そしてゴールドコーストにきています。久々の都会だ。
明後日マラソンに出るから。
クリスタルウォーターズで知り合った日本人女性に紹介してもらった、
日本人宅におじゃましています。
奥さんがオーストラリア人で旦那さんが日本人。
二人はオーガニック製品(食材、スキンケアなど)を日本に輸出するビジネスをしていて、
興味深いです!

では今日はこのへんで。
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。