スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
冬といえば・・・
2009/02/23(Mon)
先々週の初夏のような暖かさも去り、寒さが戻ってきました。
おかげで、先週行った山登りは、新雪を歩くことができましたぁ!
しかも、晴天

GetAttachment[1]

友達8人で登った滋賀の山、高さ約900m。
頂上から見る景色はサイコーでした。
しかもこの山登り、超グルメなんです。
お昼ごはんは、ラーメンにカレー、パスタサラダ、玄米餅などなど
コンロを持ってって、あっためます。
案の定、これだけ食べると下りはおなかがいっぱいで、苦しかったです・・
だけど、リュックの中は軽くなって、下りはラックラク~


そして、冬といえばもうひとつ。
お味噌の仕込み!!
大豆の発酵食品として、日本で生まれた保存食。
半年かけて育てられた大豆と米でできた麹を使って作った味噌は、
さらに半年以上置いて食べることができます。
こんなにじっくりと時間をかけて作られるお味噌って、十分ご馳走ですよね。

きのう、おばあちゃんと妹、お母さんにも手伝ってもらい(巻き込み?!)、
お味噌仕込み完成~

P1020768_convert_20090223163329.jpg

P1020770_convert_20090223164138[1]

P1020778_convert_20090223164734.jpg

P1020779_convert_20090223171120.jpg


手前味噌は意外にかんたんにできるんです
一晩水に漬けた大豆をやわらかーく煮てつぶし、塩と麹とよく混ぜ、ボールを作る。
そのボールを味噌を保存する壷にたたき入れて、その上から重石をして終了。
あとは、冷暗所においておく。

5Kgぐらい、仕込みました。
今年の年末ぐらいが食べ時かな。
うまくいきますよーに

おばあちゃん世代はもちろん、
お母さんが小さいときも、ほとんどの家で味噌も麹も手作りしてたみたいです。
今は、お店で買うのが一般的になりましたね。
1世代違うとこんなに違うんだなぁ。。
ちょっと寂しい

そうそう、オーストラリアでも味噌は大流行でした。
テンペ(大豆をテンペ菌という菌で発酵させた食品)とともに健康食品としても注目されてます。
そしてわたしは、オーストラリアで初めて、パンに味噌を塗るということを覚え、
はまりました。
パンに味噌とハチミツ。意外な組み合わせだけど、クセになります~
興味持った人は一度お試しを☆

来年は麹作りにも挑戦したいなぁ。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
久々に、淡路島から
2009/02/14(Sat)
久しぶりの更新です!

うちの庭には今月初めから梅の花が咲き始め、
最近はつくしやふきのとうが出てきました。
これだけ暖かいと
桜の芽も出てきましたね~
うぐいすも鳴いちゃいますね~
今日の気温は異常ですが・・・春はすぐそこだぁ


さて、わたしは帰国後、しっかり逆カルチャーショックにかかってしまい、
小旅行(広島から静岡まで)をしたり、
実家の淡路島や妹の家(尼崎)に居候したりして
これからどーしよっかな~と
過ごしてました。

一昨年たった4日間、石垣~小浜~西表島へ旅行行ったときですら
関西に戻ってきたとき逆カルチャーショックを受けたぐらいだから
予想はしてたんですけどね~
オーストラリアと日本は違いすぎる
しかも、見渡す限り草原、山しか見えないというド田舎で暮らしてたからなぁ。

しかーし、なんとか落ち着いてきました。気持ちもね。
地元の淡路島で、働きながら農業していきます。
なんたって、実家には土地がある!
なんてラッキー
わたしの選択基準はそこでした。
農業がしたい→土地がいる→実家に住む
今は土地を借りれるお金は持ってないからなぁ・・

日々わたしたち家族が食べる野菜やハーブから育てていこうと思ってます
あと、お花も
今日は夏野菜のトマト、ナスなどの種を蒔きました。
あとは土と太陽と雨の力で元気よく育っていくことを祈って・・

そして、オーストラリアに行ってふかーく感じたこと、
日本の伝統文化はすばらしい
もっと知りたいと思うし生活に取り入れていきたいなと思います。
この記事のURL | 未分類 | CM(4) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。