今年も終わり
2009/12/30(Wed)
ただいまー♪
淡路に帰ってきました。

香川での生活も、毎日刺激的で、忙しかったけど
楽しみました。
先週の土曜日は、高松の近くのホームセンターで、
プチオーガニックマーケットに商品を少しばかり出店してきました。
P1030633_convert_20091230193925.jpg

P1030617_convert_20091230200346.jpg

P1030637_convert_20091230193452.jpg

P1030643_convert_20091230193734.jpg

五右衛門風呂に囲炉裏を囲んでの夕食、
山羊さんや鶏さんのお世話。。
それだけ聞くと、自然の中で、ゆったりと流れる時間、
おじいちゃんおばあちゃんが子供のころに過ごしていた日々を
想像される人も多いと思います。
・・が、やはり現代は、そのようにはいかないですねー

朝の8時から夜の10時までぶっ通しで動いた日もあれば、
夜ごはんが11時近くになったこともあったなぁ。
スローライフではなく、ビジーライフですね。。

将来は、田舎で暮らしていきたい、
食を通じて活動をしていきたいと考えているわたしにとっても、
どのようにしてお金を得ていくか、というのは課題だなーと思ってるので、
この香川のご夫婦の活動は、とてもためになり、今後の参考になりました。
ご夫婦の周りの方たちも、めちゃめちゃ濃く魅力的な人が多く、
刺激を受けます。
来年、また数週間戻って、料理を学び&いろんな人に会いたいなぁと計画中。


あしたで2009年も最後ですね。
思い返すと、いろいろなことがあった年だったなー
新しい出会いや再会もあり、つながりが広がり、縁っておもしろいなぁと感じる年でした。
みなさん、いろいろとお世話になり、ありがとうがざいました。
また、来年もよろしくお願いします☆
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
香川より
2009/12/23(Wed)
先週は、千葉から帰ってきたあと、目まぐるしく一週間が過ぎ、
そして、土曜日から、香川県の綾川町というところにきています。

先週一週間は、オーストラリアで知り合った日本人の友達が、いま帰国中で、
淡路島や神戸、大阪でともにすごしました。
1日は、四国へ足を伸ばして、アートの島、直島にも行ってきました!
短時間だったけど、アートを肌で体感して、よかったです。
なにより、彼女と濃い時間を過ごせ、1年ぶりの再会でまた絆が深まりました。
また次会えるのを楽しみにしてるよー、真悠子ちゃん!


話は現在に戻り、
わたしはいま、綾上インターナショナルスクールという、
NPOで子供たちの活動をしているご夫婦のところにきています。
ご夫婦には、里子もいて、1歳になったばかりの歩恵夢(ぽえむ)ちゃんといいます。

廃校になった小学校を拠点にし、ヤギや鶏も飼っています。
ご夫婦は、ほぼこの小学校に寝泊まりしています。
ウーファーのわたしたちも、教室のひとつ(畳を敷き詰めている)で寝るという
めったに経験できないことを経験している状況です!!
さらに、外には五右衛門風呂!!
寒いし入れなーい、と思ったのは入るまで。
入ったら、もう、超気持ちよかった~☆ 
満天の星を見ながら・・のイメージが、校舎と工作室の間で、空はちょこっとしか見えませんが・・
サイコーです。

校舎の前には、大きな楠があり、
奥さん曰く、
この楠が、子供たちの活動をここでする!と決めた決め手になったそう。
P1030625_convert_20091222180048.jpg
ピンクのダウンを着ている子は、ウーファーのひとり。
楠の大きさがわかりますか??
一部が、ツリーハウスになっています。 ステキ☆

そして、奥さんは、子供たちの活動と並行して、
マクロビオティックの料理教室の先生としても活躍中。
おとといは、おせち作り。
25品を、肉魚を全く使わず、それらを真似て作った創作料理たち。
見た目はもちろん、味も食感も、それらが野菜からできているなんてだまされてしまいそうなほど
変身してました!
P1030611_convert_20091222180416.jpg
This is Osechi what we eat on the new year's day in Japan.
I helped to cook this at the Microbiotic cooking school as a wwoofer two days ago.

たとえば、田作りは、かたくちいわしの代わりに、そぎ切りにした牛蒡を揚げて甘辛く炊いたたれに絡めたり、
八幡巻きは、牛肉の代わりに湯葉を使い
アワビの代わりにしいたけを使うなど・・

マクロビオティックと聞くと、野菜と玄米だけの薄味料理で
おいしくなさそう!と思われる人も多いと思います。
実際、本のレシピ通りに作ると、おいしくなーい、と思う料理も出来上がったり・・・
でも、食べるなら、体にいいものという考えも大事だけど
おいしく食べたい♪
なので、男の人や子供などにもおいしいと感じられる料理を目指して試行錯誤してきた奥さんの料理は
とても参考になるし、いろいろアイデア次第で料理の幅が広がるなーと日々感じてます。
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
関東の旅から帰って来ました~
2009/12/10(Thu)
ただいまです
千葉、東京の旅から、淡路へ帰って来ましたぁ。

風邪に始まり、風邪に終わったこの2週間。。
いま、わたしは溜まった悪いものを 出しているときなのね。
おかまみたいな声だけど

わたしが滞在していたお宅“ひもろぎ庵”は、
なんと、わたしの友達、ゆっこちゃんが5、6年前から、
通ったり、滞在したりしていたところでした~!
わたしがここを選んだのは、単なる偶然。
だけど、やっぱ、みんなつながっていくんだなぁ、と思って、驚きと共に実感。

オーストラリアで1週間ほど一緒に生活していた、東京に住む彩ちゃんとも
彼女がひもろぎ庵に遊びに来てくれたことで 1年ぶりに再会できたし、
新たな出会いと再会があった旅でした。


本当に濃い2週間で、集約するのが難しいですが、いろいろと写真を入れて、レポートします。
“ひもろぎ庵”は
自然治療に、自然農、マクロビオティックの料理、自然出産や子育てなど
日々、触れること、学ぶことがとても多いところでした。
特に、自然療法については、
本やDVD、ヒーラー(相談者などにアドバイスをする人)
である奥さんや旦那さんの話を聞くうちに
かなり興味を持ち、自分自身試したりして
これからもっといろいろ知りたい!と思い始めたところでした。

例えば・・
ホメオパシー
相似療法ともいわれる、ドイツで体系化された治療法です。
どういうことかというと・・
例えば、濃いブラックのコーヒーを寝る前に飲むと、多くの人は興奮して眠れなくなるけれど、
コーヒーをものすごーく薄めたものを、興奮して眠れない人に与えることで、
逆によく眠れるようになる(不眠を改善する)作用がある、など。
その作用を利用して作ったものが、レメディーと呼ばれる、これ↓
P1030512_convert_20091210135431.jpg
ショ糖に、ある成分(植物、動物、鉱物からとったもの)を含ませたもので、
甘くて子どもでも苦なく食べられる。

フラワーエッセンス
花の力を用いて、人の心と体の癒しを取り戻す治療法。
P1030516_convert_20091210140122.jpg

クレイ(粘土を水に溶かして飲んで、体内浄化、免疫を高める働きをする)などなど。
クレイ=粘土を水で溶いて飲み、体内の浄化や免疫力を高める働きをする。

植物など自然の力って限りないなぁ、深いなぁ、と思います。
ひもろぎ庵では、よいヒーラーと出会えたし、わからないことは聞くこともできるので
これからは、自分でもっと調べたり、試していこうと思います。


千葉の房総半島の外房(東側)にある、御宿(おんじゅく)というところの海岸です。
童謡“月の砂漠”の舞台となった海岸。家から約20分。
砂浜が広くて、 波が高いので終末はサーファーだらけ!!
わたしたちも、終末にランチをもって行って来ました
P1030478_convert_20091210141833.jpg
P1030480_convert_20091210142356.jpg


ひもろぎ庵の奥さんたちが主体になって作った自主保育“やかまし村”のおひさまの家です。
毎週2回集まり、お弁当を食べたり、遊んだり、畑でなにか作ったり、染物をしたり・・・
今回は、移住者希望の方たちのツアーの内容に、おひさまの家を訪問する内容があり、
お昼に来られて、話をしながら、ランチ
P1030469_convert_20091210142901.jpg
P1030470_convert_20091210143317.jpg

この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
千葉から
2009/12/01(Tue)
千葉は、房総半島の東側、大原というところにきて、1週間が経ちました。
ここ1週間は、比較的暖かく、しかし、地域がら、雨が多い日が続いています。

だんなさんは 現代医療とはまた別の、代替医療(ホメオパシーや鍼灸など)の
カウンセリングなどを行う治療院を東京にもち、週に1度自宅に戻る以外は、
単身赴任してます。
奥さんは 自宅で、フラワーエッセンス(花の癒しの力を使った治療法)の
カウンセリングや処方をだしたりしています。
家には、3歳と9歳の子供がいて、
奥さんは、子育て真っ最中。

他にも、このお宅に滞在しながら 料理や農業、自然療法を学ぶ研修生が一人いて、
わたしたちの仕事は、
田んぼや畑、料理、子守りが主なものになります。

一緒に生活することで、日々の生活、子育てを垣間見ることができ、
楽しく、充実した日を送れています。
写真もいろいろととっているので、
また、帰ったら、レポートします!
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |