スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
味噌を保存する
2012/07/16(Mon)
うちで作る保存食。
味噌を始め、梅干し、たくあん、梅酒などなど。

それらを保存する小屋を、
だんなが冬から作り始めて、
6月初めに完成しました。

味噌を作る人は3人いてるけど(だんなの両親とわたし)、
だんなは食べる専門なので、建築担当です。



IMGP0074_convert_20120716213021.jpg 雪降ろししながら作業は進む

IMGP0080_convert_20120716213224.jpg 早く屋根をつけなければ!!(ちなみに、腰の瓦は、わたしの実家淡路産です)

IMGP0203_convert_20120716213425.jpg やっと屋根ついて、泥塗りまでいきました!

IMGP0231_convert_20120716213833.jpg 建具は、実家からもらってきたのが入る予定でしたが、急きょ、この家の古いのが入ることになりました~
日光が入ってはいけないので、雨戸仕上げです。


現在、中には、待ってました!とばかりに
たくさんの保存食が並んでいます。
おいしくなってね!!
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
こんな草も食べられる! 野草料理教室
2012/07/16(Mon)
つくしやふき、わらびによもぎなど、
わたしたちの身の周りには
食べられる野草がけっこうあって、
それらには、すっごいパワーがあるってご存知でしたか?

特に食の乱れが問題視されてる現代人には、必要だそうです。


きのう、隣町の綾部市で
野草料理を研究、実践されている若杉友子おばあちゃんの
野草料理教室にいってきました。

おばあちゃんの料理教室はこれが2回目。
4年ぶりになります。

最初であったとき、おばあちゃんの
辛口とも毒舌ともいうしゃべり方に圧倒されつつ
爆笑しながらも、ためになるお話を聞けました。
そのおばあちゃんのキャラクターにも惹かれ、
また今回、参加できることになり、楽しみにしていました。


おばあちゃんの前に所せましと置かれた野草たち。
P1060170_convert_20120715194852.jpg  P1060172_convert_20120715195044.jpg

のかんぞうのつぼみや、あおみず、つゆ草など・・

普段道端で見ているようなものもあり、
こんなん食べられんのー?!と思うものも。

おばあちゃん曰く、
「どの草が食べられるか、そして料理の仕方がわかれば
貧乏でも生きていける!」(笑)

野草の料理の仕方は、
基本的には、塩を入れた熱湯で湯がいてあく抜きをし、その後炒めるなどします。
野菜であっても、生だと体を冷やすので、
火を通すのが基本。


全8品を作るのに、あちこち動き回るおばあちゃんに
参加者50名、ついて行ったり、メモしたり、頼まれごとをしていたり
大忙し。
P1060180_convert_20120715195621.jpg

P1060177_convert_20120715195238.jpg

P1060178_convert_20120715200705.jpg


献立は、
つゆ草のペペロンチーノ、
紅花ぼろ菊の白和え、
麻婆茄子、
熊笹とオオバコブレンド茶
など計8品。

紅花ぼろ菊は、春菊のような味がするし、
月見草は、食感が少しねばねばしていておいしかったです。

おばあちゃんの料理は
よく塩が効いていて、薬味もたっぷり。
調味料も全部、だれがどこで作ったかわかるものを使います。
減塩といわれている時代ですが、
それは、お肉をたくさん食べるから塩の取りすぎには注意しないといけないということ。
野菜だけでも、しっかりと食べごたえがありました!
P1060183_convert_20120715195958.jpg


みんなでごはんをいただいたあとは、
おばあちゃんを囲んで
お話会、そして、急きょ、コンサートも♪
すてきな歌声でした。

おばあちゃんとおばあちゃんの料理、歌に
元気をもらいました~
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
淡路島での3日間
2012/07/12(Thu)
週末、淡路島の実家に帰ってきました。

家族と過ごしたり、久しぶりの人に会ったり、
すごく充実した時間でした。

まず、妹と、家から10分ほどにある、カフェ、ノマド村へ。
ドイツ人のだんなさんと日本人の奥さんが、
廃校を利用してオープンしたカフェ。
オープン準備のお手伝いをしていたということもあり、
懐かしく、また、進化しているノマドを新鮮に感じたり・・

バンブーテラスができていました。
P1060136_convert_20120712180220.jpg

変わっていない靴箱。天井の高さまである(笑)
P1060134_convert_20120712180432.jpg

長沢(ここの地名です)マルクトゥ(朝市)と子供も座りやすい席。
P1060133_convert_20120712180721.jpg P1060132_convert_20120712181428.jpg


また、新しい出会いもたくさんありました。
わたしの大好きな、アーティストである
エマ&エソウさんのfan meetingなるものがあり、
十数人が、淡路島の観音さんの近くにある
エマさんたちのご自宅に集まりました。

スペインの踊り、フラメンコを、
手をたたいてリズムをとったり
踊ったりというワークショップあり、
皆で海のそばにあるカフェへいき、
お互いのことを話したり。
P1060139_convert_20120712181649.jpg

P1060141_convert_20120712181923.jpg
(ここもすごく仲良くさせてもらってるご夫婦がやってるカフェ“”ナフシャ。畑をがんばっていました。)

淡路島で音楽活動をしながら、
農業をしつつがんばってる子もいました。

淡路も盛り上がってきてて、うれしい!と感じつつ、
わたしも福知山でがんばろう、と刺激を受けた時間でした。
離れていても、こういう仲間がいるって、
すごく励みになる!!


そんな時間を過ごしてしっかり充電でき、
福知山に戻ってきました。
P1060147_convert_20120712182659.jpg

お土産です。

夏野菜が一足早く(ひと月近く)収穫のピークを迎えていました。
左は、妹、りかこの名前が書いてある、おしぼりいれ。
お弁当持って外に出かける度に、これがほしかったんです~。
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
梅の活用 3種
2012/07/09(Mon)
6月末頃から、家の裏山にある梅が採れる時季になり、
ちいさいのからおおきいのまで、こんなに採れました。
(これはまだ一部ですが)
P1060116_convert_20120709185824.jpg


梅干しはもちろん、ほかに何つくろーと考えていたところ、
友達がしているカフェで食べたロールケーキ梅ジャムのせ、というものが
非常においしく(アンズのようなとってもよい風味で酸味が刺激的で、大人の味という感じ)、
これはつくらねば!と、鍋いっぱいつくってみました。

友達は、この、生ではとっても苦くてすっぱい梅を、
青梅の状態で、ジャムにしたらしいですが、
それは少し怖かったので、
少し黄色く熟したものを集めて作りました。

作り方は、簡単!!
梅を洗って、ヘタをとって、やわらかくなるまで湯でて、
冷ましてから、種を除き、
砂糖を入れて煮詰めるだけ!
P1060125_convert_20120709190200.jpg

梅1.3Kgに、砂糖(てんさい糖)を400gほど入れました。
種が大きいので、できたジャムはかさがすごーく減りました。

もうひとつは、砂糖(てんさい糖)漬けにした梅シロップを作りました。
P1060126_convert_20120709190403.jpg

夏を梅で乗り切るぞ~


最後に、かわいいー写真を一枚。
P1060129_convert_20120709190648.jpg

先週、だんなと行ってきた市内のカフェで、
オーダーしたカプチーノ。
何気なく、二人で猫の話をしていたら、
聞いていたオーナーさんが、描いてくださったんですね~
肉球までしっかりあって、かわいかった&盛り上がりました。
この記事のURL | 料理 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
織りに挑戦
2012/07/01(Sun)
きのうは、市内にある、カフェ&ギャラリー“まぃまぃ堂”で
織り機でコースター作りのワークショップがあり、行ってきました。

店主の知子さんとは仲良くさせてもらっていて、
お店のほうにはお茶をしに行ったり
展示会を観に行ったり
よくするんですが、
ワークショップは今回が初めての参加。

今回は、きのうから2週間行われている織物の展示会で、
出展されている作家さんに、
織りを教わりました。

織り、というのが、
自分にもできるとは思ってなかったので、
「30分ほどでできますよー」
というわたしの思いをくつがえす、気軽さにも後押しされ
ちょっとドキドキしながら、行ってみました。


展示されている作品は、
草木染めの糸や草の繊維などを使って作った
着物や帯、ストールなど。
どれも、やさしい風合いで作家さんの人柄がでています。

作品と同じで、
とってもほんわかした感じの作家さん、かおりさんに教わりながら、
わたしも初めて織り機を使いました!

P1060117_convert_20120701142720.jpg

縦糸が予め装着されており、
わたしが織りこんでいくのは、
横糸のみ。
好きな色、種類の糸を選んで、織り込んでいくだけ。
ちなみに、オーガニックの綿、絹、絹の硬い部分(麻みたいなガシガシした感触だった)などが
ありました。

かおりさんの作品は、商品というより、ほんと、作品、なんです。
最も個性的なのは、
“マイ暦”という日々の天気や心の変化を色で表して、
織り込んでくオリジナルのやり方。
(しまった!作品の写真を撮り忘れた・・)

わたしもこれをやってみたい!と思い、
先月の、結婚記念日から、1週間分の日記を読み返し、
そのときの気分を思い出して
糸を選び織っていきました。

P1060119_convert_20120701145752.jpg

1時間ほどかけて、ゆっくりお話もしながら、
わがままも聞いてもらい、
完成しました。
そのときの気分を思い出す、いいものが出来上がりました。
カラフルだけど、草木の自然な色なので、やさしい雰囲気です。


その後は、知子さんお手製の
ケーキとお茶のセットをいただきました。
P1060121_convert_20120701150406.jpg
(コースターは、糸の処理がまだできてません・・)

ワークショップとお菓子セットで、1200円です!!
安すぎです・・


織り機、ほしくなるほど、
面白かったです。
またいろいろと刺激を受けて、
草木染めをまたやってみたいなーと思いました。
この記事のURL | イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。