溜め池
2013/02/25(Mon)
淡路島には溜め池が多いです。
わたしの日課の2時間の散歩コースの中にさえ、5つはあります。
201302231050000.jpg

201302251632000.jpg

今まではあまりなんとも思ってませんでしたが、
これは淡路島独特なんだなーと今になって知りました。

この溜め池は、主に農業用水として使うため作られたもの。
そして、全国の溜め池の数の、かなり高い割合を淡路島が占めているとのこと。
(数字忘れちゃったけど)
理由は、淡路島には、水源となる高い山、川がないから。

確かに、大きな川は淡路にはありません。
飲み水も、20%ぐらいは、神戸のほうから、明石海峡大橋を渡って、供給されています。


わたしは、この溜め池に鴨がいたり、木々が映っていたりするのがきれいで、眺めるのが好き。
その溜め池を見ながら、
わたしたちが生きていく上で、最も必要とされる水について、考えたりしました。
スポンサーサイト
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
奇跡のりんご
2013/02/24(Sun)
だんなからメールがあり、
「りんご、いる?」と。

りんごはわたしの一番の好物といっていいくらい、大好きな果物。

しかし!
だからといって!
りんごは淡路でも買えるし、わざわざ福知山から淡路に送ってもらうのはやりすぎや~
と思い、丁寧に断りました。

すると、返ってきた返事が
「ええの?奇跡のりんごやで!」

えええええーーーー??!!
あの、木村さんの奇跡のりんごかいな?!
なんで手に入ったの~?

そう、そのりんごは、数年前にうわさになった、
青森で、無肥料、無農薬、自然栽培で、その上、ちょっとスピリチュアルな感じでりんごを育てている
あの木村さんのりんごだったのです!

わたしは、木村さんの本を読み、すごい人やな~
このりんごってどんな味なんやろ~
と思ってました。

が、市場には回ってこないし、わたしの口に入ることはないだろうなぁとも思ってました。

そんなりんごを、彼は、出雲の植木屋さんにもらった、というではありませんか!


それなら話は別!!
「食べたいー」と返事を返すと、
送ってくれました。
貴重なりんごを丁寧に梱包して。
P1060722_convert_20130223181204.jpg

ああ、これが奇跡のりんごか。
もう、りんごの香りがすごい!!
思ってたより、大きい!!
(無農薬やし、小さいと思ってた)

そして、今朝、切って、いただきました!
なんか、ものすごい、りんご!って感じで、濃くて、おいしかった。

一瞬で終わってしまったけど、味わわせてもらいました。
だんなが、知り合いの植木屋さんからいただいたという貴重なりんご。
ありがとうーー
この記事のURL | 暮らし | CM(2) | TB(0) | ▲ top
連日、友達と久々の再会!
2013/02/23(Sat)
里帰り中、ほとんど家にいて、
家事か散歩の地味な毎日。
もともとじっとしていられない性分がふつふつ湧いてきて、
家族ともぶつかるわで、
気分転換!!と、島脱出^^

きのうは西宮に、大学時代からの友達宅へ。
2年前に買ったというマンションへ初めておじゃまさせてもらいました。

ちょうど7か月の息子ちゃんには、初対面!
めちゃめちゃおとなしくて、
この人は誰だ?と言わんばかりにわたしをじっと見つめている瞳が
かわいいんだ~☆

お昼前から4時ぐらいまで、
おしゃべりは止まらず・・
あっという間に時間は過ぎました。

お昼は、ミネストローネと金平ごぼうがのったサラダ、フレッシュな果物の盛り合わせを
用意してくれていて、
買ったサンドイッチとともにおいしくいただきました♪
P1060715_convert_20130223180409.jpg

息子ちゃんは初対面のわたしにも泣かずに遊んでくれました。
P1060716_convert_20130223180816.jpg


そして、今日は、伊丹から友達が家族で淡路島に日帰り旅行に来ているので会おう~
と誘ってくれたので、
たこせんべいの郷(おみやげやさん)で合流。

彼女とは、最初の就職先である宝塚の老人ホームで
同期としてがんばってた仲。
わたしはたった一人の管理栄養士といて、
彼女は介護のリーダーとして、
仕事するうえで悩んだりしたことも相談し合ったり励まし合ったりしました。
なので、今も絆が強い気がします。

2歳と、6か月の2人の息子くんと旦那さん、ご両親にも会え、
積もる話もでき、よかったです。

ありがとうねー
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
眺め最高!な畑
2013/02/22(Fri)
きのうは、友達の畑を案内してもらいました。

彼女は、人材派遣会社の新事業として淡路島で農業研修のため、
京都からやってきています。

研修生は、それぞれ、一年間の作付計画を立て、
それに必要な面積の畑を借り、各自で管理し、出荷しています。

友達が作っていたのは、
大根、赤カブなど。
201302211544000.jpg

別の研修生は、こんな野菜を作ってました。
201302211525000.jpg

紫の芽キャベツですが、フリル?レース?芽キャベツというらしいです。
名前を忘れてしまいました・・


畑は山の上にあり、海が一望でき、
風車も回り、眺めは最高!!!
201302211526001.jpg


見学のあと、彼女とお茶しにいき、
これからの農業を基盤にした生活の仕方や人生プラン、
恋バナなど、話は尽きず・・

彼女は、この3月で研修を終え、それ以降は京都に戻ります。
また淡路に帰ってきたい、というほど淡路島を気に入ってくれて
嬉しい限り!
また、縁があって淡路に住めるといいなーと思います。


そして、彼女以外にも、この研修のため淡路に住む若い人が
とても増えていて、活気が出て、これも嬉しい限り。
地元の人との交流も増え、
おじいちゃん、おばあちゃんたちもなんだか活気づいてきているみたい!
空家や放置されてる田畑も多いので、
有効に使われたらいいな、と思うし、
地域全体が活性するような、昔ながらの子供もお年寄りも
一緒に暮らしていける田舎に近づいてきてるなーとうれしく思いました。
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
淡路産のそばカフェ
2013/02/17(Sun)
家から15分ぐらい山を登って、
さらに少し下ると、
ありましたー
北淡にある、そばカフェ♪

ここは、棚田がきれいな場所で、
過疎地域になってはきているけど、
逆に、移住者が少しずつ増えてきて、
お年寄りと若い人が混ざり合った最近注目の場所(個人的に!)。

土日祝のみ営業しているここへ、
今日は、妹とお昼を食べに行ってきました。

もともと保育園だった場所が、お蕎麦屋さんになってます。
P1060712_convert_20130217161837.jpg

木を基調にした店内。
薪ストーブも焚かれてて、あったかーい^^
P1060707_convert_20130217162407.jpg


そして、出されたおそばは、二八蕎麦で、
今朝、粉をひき、打った、超新鮮なおそば☆
よもぎとちりめんも入ったかきあげ付き。
P1060706_convert_20130217162023.jpg

そばも風味よく歯ごたえあり、おだしもおいしかった~~

そして、ここの名物はそばだけではなく・・
P1060709_convert_20130217162548.jpg

ヤギもいるんです。
親2匹に、
子供が3匹。
2匹は最近産まれた双子ちゃんで、
この子たちがお母さんのお乳を飲むため、
最近は、これまで出していたヤギミルクのプリンやチーズケーキまで
残ってこないのだそう。

ヤギを触ったら、安産の御利益あるよーと教えてもらい、
なでなでしてきました。

きのうは雪がちらつき、
今朝も至る所で氷が覇っているさむーい日が続いてますが、
そばカフェであったまってきました(*^o^*)
この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
味噌仕込み vol.3
2013/02/12(Tue)
この冬3度目の手前味噌作りです。

今回は、実家で、祖母と母と3世代で。

手前味噌という名前は、
大豆をこねこねするとき、自分の皮膚についてる常在菌も一緒に混ぜ込むから、
まったく同じ材料で作っても、
作った人によって味が微妙~に違うということからきてるらしい。

おもしろい。

大豆、麹、塩、とたった3種類の材料でできちゃうお味噌。
1年かけて発酵されたお味噌は、乳酸菌がたーぷり入ってて、
昔からの日本人の健康食!

去年は実家用に7Kgおすそ分けしたのですが、
10月末に解禁した味噌は、おそらく今月いっぱいで終わってしまうでしょう・・
毎朝、味噌汁を作る4人家族には、少なかったみたい。

というわけで、今回は、プラス7Kgをこのたび仕込むことにしました。
(それでも1年もたないだろうけど・・)


大豆は、旦那の両親が育てて、選別してくれたものを。
麹は、この淡路で、近くにある味噌屋さんで仕込んだものを購入。
塩は天然の天日塩を用意します。

大豆は前の日から水に浸しておき、
次の日、煮ます。
(3時間かかった!)

指で潰れるくらい、柔らかーーく煮れたら、
すり鉢で潰します。
P1060697_convert_20130212112037.jpg

大きいすりこ木が見当たらず、小さいのを使い、コツコツ潰す。

「えらい力いるなぁ~」とブツブツ言いながら潰すお母さんと
黙々とこなすおばあちゃん。
対照的でおもしろかった(笑)

3人で、「豆、甘いな~」とつまみながら、どんどん潰す。

わたし個人的には、豆の粒が荒く残ってる味噌が好きなんだけど、
お父さんや妹が嫌がるので、けっこう几帳面になめらかになるまで潰しました。

潰した豆は、番重に入れ、
麹と塩を混ぜたものを加えて、
すべてを混ぜ合わせます。
P1060702_convert_20130212112304.jpg

まんべんなく混ざったら、
空気を抜きながらボールを作り、
樽に入れていき、また空気を抜きます。
味噌は通性嫌気性のため。
だから、ほんとは、陶器とか木の樽がベストみたいなんだけど、
(微量の空気を通すから)
今回はいいサイズのがなかったので、これで。
P1060703_convert_20130212112547.jpg

表面に塩をまいてできあがり☆

秋まで寝かせておくので、おいしくなってねー!!
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
やっぱりすごい、自然農
2013/02/11(Mon)
きのうは、友達に誘ってもらい、
淡路で自然農を実践してる方の畑へ行ってきました!

洲本市街地から脇道へ入り、細ーい坂道を上ること5分弱の山奥にその土地はあり、
山奥なのに、日当たり抜群で、小川が流れていて、すごく心地いい場所でした。

その方は、赤目自然農で学び、10年前から地元、淡路で土地を買い、
自然農を始めたそう。
同じように、自然農を学びたい!という人たちが昨年から月一で集まり、
“学びの会”をスタートさせたのがちょうど一年前。

きのうは20名ほど集まり、
そのほとんどが移住者でした。


きのうしたことは、
①秋に蒔いた大麦と小麦の様子を見学
P1060676_convert_20130210210228.jpg

②今季に、畑から田んぼに変える予定の畑から、すべての野菜を収穫
 大根、カブ、サトイモ、ごぼう、オクラの株など
P1060677_convert_20130210203902.jpg

採れた大根はかわいいサイズ♪
耕さないやり方の自然農では、基本的に採れる野菜は小ぶりです。
P1060679_convert_20130210204801.jpg

③フェンス外に蒔いた菜の花を収穫
 ど根性菜の花~元気に咲いてました!
P1060683_convert_20130210205315.jpg

④②の畑の畝を整える
 6つほどあった畝を1つにならす。
P1060685_convert_20130210204159.jpg

この畝の表面がでこぼこしないように、できるだけ平らになるようにならすのですが、
それが難しい!!
水を張ればすぐわかるのですが・・
皆で、ちょっと離れて見てみて、凹凸がないかチェックしながらならしていきます。

4月に田植え、
11月収穫、
12月脱穀の予定だそうです。

去年は、トヨサトという品種、
古代米の赤米、黒米、
もち米3種(赤・黒・緑)
を作ったそう。


ある程度、畝が整ったら、お昼ごはんの時間☆

ふるまってもらった、採れたて野菜のお味噌汁、和え物、お餅と
各自持ってきたお弁当をいただく。
P1060688_convert_20130210205643.jpg

P1060694_convert_20130210210426.jpg

お味噌汁がめちゃおいしかったー野菜があまーい!

P1060695_convert_20130210210633.jpg

食後には、参加者の中から、ギターとカホンという太鼓の演奏までしてもらい・・
大人も子供も聞き入ってましたー


そうそう、10年かけて荒地から、ふかふか土の畑に改良したのもすごいですが、
小屋の中もすばらしい~

学びの会を始めて人が集うということで
電気をひき、トイレもつけ、畳まで張られた小屋。
そして、なんといっても、道具がそろってる~!!
P1060686_convert_20130210205126.jpg

P1060687_convert_20130210205454.jpg

昔ながらの道具がたくさん!

採れたお米を、ここで白米にまでできちゃうんです!

ああー淡路にこんな素晴らしい場所があったとは!
こんなおもしろい人たちがいたとは!
驚きとともに、うれしかったです。
住む地域が違っても、いろいろ刺激しあえてよいなぁと思いました。


午後の作業も3時ぐらいまで続くらしいですが、
わたしは昼すぎにお先に帰らせてもらいました。

よい具合に体も動かせ、身も心もポカポカに温まり、
自然と人にたくさんエネルギーをもらいました。
生命の力強さも感じました。

一日、お世話になり、ありがとうございました~
赤ちゃんも気持ちよかったはず^^
この記事のURL | | CM(0) | TB(0) | ▲ top
淡路のすてきなお店♪
2013/02/09(Sat)
先日、妹と、淡路半周の旅を実施。

ガイドブックを見て気になっていたお店に行ってきました。

一つ目。
南淡路にあるパン屋さん。
田舎には珍しく、わたしの好きな天然酵母のパンや、
時間をかけて発酵させたハード系のパンが多いお店です。

お店を営んでるのは、大阪から移住してきた若いご夫婦。

食べたパンは、噛むほどに小麦の甘さを感じ
おいしくいただきましたー
店内は撮影はご遠慮くださいとのことで、
外からのみ。

お店の外観と
P1060656_convert_20130209202201.jpg

広い庭です。
P1060655_convert_20130209202028.jpg

お店は吹き抜けで、広く感じるし、白を基調としていて清潔感抜群!
庭も、お花とハーブがたくさん植えられて、
見ていて楽しい♪
その奥には、淡路名物、玉ねぎ畑が広がっています。


そして、二つ目。
P1060657_convert_20130209202401.jpg

これも南淡路にある服屋さんです。

ご夫婦で営んでいるこのお店。
横浜で服のデザインをしていた二人は、
3年ほど前に、奥さんの地元、淡路に帰ってきたそう。
飽きのこない、ナチュラルなデザインのものが多く、
すてきな服ばかりでした~

使っている生地は、化繊ではなく、
天然素材の綿や麻など。
だから、肌触りもほんとにいい!!

そして、このご夫婦とは、実はわたしは初対面ではなく、
1年半前に、和田山の手作りマーケットで出会っているという・・
それ以来の再会で、
しかも、この民家は、わたしのだんなの知り合いの設計士さんに設計してもらったらしく、
いろいろ話が盛り上がりましたぁ^^


・・と、行きたかった二つのお店に行けた水曜日。


で、今日。
そのパン屋さんであった、カゴ作りのワークショップに
妹と参加してきました。

わたしは畑にももっていこうと思って大きめのカゴを。
P1060667_convert_20130209202951.jpg

P1060670_convert_20130209203149.jpg

編み方は単純で、
山にある植物のつるで編むのも、基本的にはこれと同じなのかな~
今度はつるでやってみたい!

今日は教室の時間内では完成しなかったので、
家で編み図をみながら、宿題です。

ちなみに妹は、ランチボックス用の小さいサイズ。

参加費も1000円(+材料費)でお茶と手作りお菓子付きって、お得だ~
忘れないうちに早く完成させよっと。

この記事のURL | お店 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
保存食
2013/02/08(Fri)
毎日、散歩してるコースには、
目印になる木がひとつあります。
201302070955000.jpg

わたしが子供のころから、げんじの木と呼んでました。
げんじとは、標準語では?クワガタのこと。
夏になると、この木にクワガタが蜜を吸いに来ていて、
当時、お父さんが片足でコンと蹴ると、
多いときには何匹かクワガタとかぶと虫が落ちてきていました。

木はまだまだ健在ですが、やはりクワガタの数は減ってきて、
当時から20年以上経ち、いまは蹴っても落ちてきません・・
少し寂しいですが、木の存在感は変わりません!


ここ最近、淡路はカラっと晴れることは少なく雲も多いものの、
日中なんとか雨は降らず、乾燥した日が続いています。
おかげで・・
201302051042000.jpg
おばあちゃんは、毎日のように干し野菜を作ってます。

野菜を適当な大きさに切って3日ほど干せば取り込めます。

この写真は、私も初めて! サツマイモなんです!!
きのう水で戻して炒めたら、甘いサツマイモがさらに甘くなっておいしかったー
人参も、少しこりこりした食感が残ってよかった。

“干す”ということで、野菜は水分が抜け、
保存も効くし、
栄養のほうも、ビタミン、ミネラル、植物繊維が増えたり、
甘みも凝縮して、いいことづくめ!

切干大根もだーい好きだし、
おばあちゃんに野菜もらって、いろいろ干してみよ~^o^


保存食といえば、これも作ってみました。
201302051045000.jpg

甘夏で、マーマレード~

パンやスイーツ、お料理にも使えて、この苦味が大人味♪

この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
春の匂い~
2013/02/05(Tue)
淡路での散歩コースでは・・

201302041423000.jpg

日当たりのよい場所では、水仙が満開。

実家の菜の花畑では・・
201302041438000.jpg

今、出荷を迎えている、鑑賞用の菜の花がゆらゆら~

そしてこの花は・・
201302041403000.jpg

実家のビワです。
香ってみると、ほんわかフルーティーな甘い香りが。

きのうは立春。
今日は淡路も風がちょっと冷たいですが、
少しずつ春は近づいてきてる感じがします。
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
4年ぶりの百姓の会
2013/02/04(Mon)
今朝、夜久野の家を出て、
本日からしばらく淡路島です!

午前中の健診を終え、
実家に帰ってきておばあちゃんとお話しして、
散歩してきて、今にいたります。

家の中のいたるところに、
お豆が・・・・・

福が訪れてくれますように☆


ところで、夜久野を去る前に、
ぎりぎりで参加が間に合った、百姓の会。
今年も2日、3日の土日に一泊で行われ、
だんなとわたし、福知山の友達、さなえちゃんの3人で参加してきましたー
(わたしたちは日帰りで深夜に帰宅でした)

P1060647_convert_20130204155032.jpg
皆の一品持ち寄り品!

P1060648_convert_20130204155427.jpg
ライブもあり♪

参加者は、1歳の子供ちゃんから、70歳ぐらいの人まで老若男女、100名以上。
百姓さんに限らず、いろんな職業の人が集まり、
おいしいお料理にお酒も入り、ライブもあり、盛り上がりました。
わたしも、会いたかった人と会え、
初めての出会いもあり、興味深い人とたくさんお話しできました。

ちょうど4年前に参加して、
今となれば相方になっているだんなとも、
畑を教えてもらい仲良くしてもらってるご夫婦とも、
ここで出会ったんだな~と思うと、
感慨深いです。

4年も経てば、その人その人、または家族の成長や変化もみれて、それも楽しい♪

一昨日であった人たちとも、今後どのような付き合いになるか♪


たくさんのエネルギーをもらった会でした!
この記事のURL | イベント | CM(0) | TB(0) | ▲ top
瓢箪と遭遇!?
2013/02/01(Fri)
今日の散歩では・・
201302011032000.jpg

瓢箪と遭遇!

電信柱に、こんなかわいい形の苔ができてたんです~
201302011033000.jpg

ここ最近は、雨や雪の日も多くなり、
おてんとさんが貴重。
晴れた日はお散歩がうれしいし、
いろんな出会いが楽しく、わくわくします☆


さて、今朝、庭では、だんなが掘ってきた松をせっせと移植していたところ・・
P1060641_convert_20130201133657.jpg

人懐っこい我が家の鶏ちゃんたちは、
えさを見つけて、突きにきてました!
P1060636_convert_20130201133433.jpg

木や、根っこについてた土に、虫がたくさんくっついてきたみたい。

だんなの仕事の邪魔にならない程度に、
かしこくお食事してました。

先週、1匹が帰ってこなくなり、
2匹になってしまった鶏たち。
しかし寒いこの時季も、2日に一度ぐらいは卵を産んでくれ、
仲良く過ごしています。
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
| メイン |