稲作レポート その3 ~田んぼに水が入りました~
2010/06/06(Sun)
“米を作りたい!”
そう言うのも、思うのも、簡単でした。

しかし、その次の瞬間、
“田んぼの水の管理はできるの?”
“田植えはどうするの?”
“稲刈りはどうするの?”
・・・と、両親からは、質問攻め。
そして、どれだけ大変か、やってみたらええわ!
という言葉に、余計に気持ちは燃え、
やる!という気持ちになりました。


きのう、苗を移す田んぼが、ようやく片付いてきた(草を刈ったり、耕したり)ので、
午後に水を入れ始めてました。
順調に水が溜まってきたかな~、と思っていた矢先に、
んん??
水の流れる音がする、と思って
下へ降りると・・
案の定、田んぼから水が漏れて流れてしまっていました。


えーーー!!!
どーしよー!!??

と少々パニックのわたしに、
半ば呆れ顔で、父親が、
ヘルプの手を差し伸べてくれました。。

結局、
“わたし一人でやる!”
という意地を張るのは止め、
もう30年以上稲作をしてきている先輩である両親に
手伝ってもらうことに。

今朝から、父親に、トラクターで土を鋤いてもらい、
母親にも水を入れるのを手伝ってもらい、
再度鋤いてもらい、
いま、こんな状態に。

GetAttachment[2]


土を2~3回鋤くこと、
田の周りに土のう(土で壁を作る)を作るか、波板を埋める(写真のように)、
そうすると、水の漏れは解消できるとのことで、そのようにしました。
それでも漏れるときは、もぐらが穴を開けてるとか、ほかに原因があるのですが・・

これで広さは、1畝(10m×10m)の半分強ぐらい。
本当に1年分食べる分は、家族が作ってくれてるから、
わたしが作る分は、少しですが、
初めての稲作、わたしには十分の大きさです。


水が入り、
そよそよと穏やかに水が揺れ、
空は夕日で染まり、
鳥の声がする。

親子でひと仕事終えた、疲れたからだに、
この情景が、すーと染み渡りました。
なんだか、幸せを感じました。


いよいよ、来週、田植えです!!




続いて、畑の様子です。
これは、何でしょう??P1040270_convert_20100606190917.jpg

ヒント、とってもにおいます!













答えは、こちら!
P1040275_convert_20100606191040.jpg

ニンニク、20個ぐらい、収穫できましたぁ。
P1040276_convert_20100606191257.jpg
プリっとしてて、かわいいです。

これらは、風通しがいい、涼しい場所に、干して保管しておきます。



そして、夏の飲み物といえば・・
麦茶ですね!
GetAttachment[1]
大麦も収穫して、干して、いがいがしたところを取り、
炒ったら、売ってる麦茶と同じなのです。
畑仕事で汗かいた後に飲む麦茶は、もう、サイコーです。
ビールも・・♪ですが。



以上、今日のレポートでした。

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<古民家で、陶芸の展示とカフェ | メイン | 稲作レポート その2>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetotewoawasete.blog32.fc2.com/tb.php/105-16783b95

| メイン |