環境にやさしい農業(くらし)
2008/05/15(Thu)
オーストラリアへ行く準備もほぼ終え、
あとは畑の研修へ行ったり、英会話の練習をしたり
家族と過ごしながら
残りの1週間を過ごそうと思っているQです。


みなさん、いってらっしゃい会を開いてくださって、
ありがとうございました
とても勇気づけられました。
これを肥やしに、またひとつ大きくなれるよう、
向こうでもたくさんのことを吸収してきますね!


ところで、オーストラリアに行く理由のひとつは、
“パーマカルチャー”を体験することです。
聞き馴染みのない言葉ですよねぇ。わたしもこの言葉は最近まで知らなかった。。
解説しますと・・

Permanent(永続的な)+culture(文化)+aguriculture(農業)
=Permaculture(パーマカルチャー)

そう、3つの言葉を合わせた造語なんですね~
簡単に言うと、人が持続可能な環境を作り出すシステムのこと、なんです。

石油を使ったエネルギーには制限がありますね。
けれど、太陽や風のエネルギー、植物油は持続可能なエネルギーです。
そういった持続可能なエネルギーを使い、無駄をなくした自給自足を目標とする農的な暮らし、人と人とのつながりを大切にする暮らしを目指すものがパーマカルチャーなのです。
本来、人間はこういった生活をしていたし、特に特別なものではないと思うんですけど、
現代ではほとんど見られませんね。
けど、こうやって作られる野菜は、土も本当に元気で栄養があって、
新鮮で安全でおいしいものが食べられそうですよね

そしてこのパーマカルチャーが開発されたのが、オーストラリアなんです!
(オーストラリアでは、学校教育にも組み込まれているところもある)
ちなみに、日本でも実践を学ぶ場はあります。

食料の輸入に頼り、自給率が著しく低い日本。(食料自給率はわずか40%程度)
食文化が壊れ、着実に増えている生活習慣病。
環境汚染、食べ物が原因とも言われる子供のアレルギーの増加。

いろいろおかしなことになってますが、やっぱり“食”が基本だと思うのです。
人の体調や、顔、性格まで、食が関わってると思うのです。
今までは“いかにおいしく食べてもらえるか?”を考えて食事を提供する立場でしたが、
“どこでどんなふうに育ったものを食べるか?”ということもすっごく気になり始めたので
農業(自然環境を大切にした)に関わることにしました


というわけで、長くなりましたが
「なにしにオーストラリア行くの?!」
だらけだった人、答えられてるかな~
「留学」みたいなメジャーな理由ではないのでちょっと言葉で伝えるのは難しいけど
行ってみて何か感じてきますわ~

つづく
・・・かも。
スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(2) | TB(0) | ▲ top
<<Q農園日記 | メイン | 今日からブログSTART!!>>
コメント
- Q最高! -
読ませてもらったよ!これからも読ませてもらうからねぇ~☆
あれでしょ?
オーストラリアで今トウモロコシの栽培をかなりしててそれで走る車を作ってるやんね???でも栽培が大変でたくさんあったとしても取り合いみたくなってるんやんね?
あんまり詳しくナィんやけどねf^_^;
彼氏がそんなんとか詳しくてQがオーストラリア行く話ししたら、何か言うてた!
何か1つの事を興味をもって突き進んで追究していくQが本当に素敵☆
私はそこらへん追究せんしただ好きだからってので仕事してただけやし~
興味ナイ事には全く興味ないし、Qを見てたら羨ましくなるよ!
これから更新されて成長していくQを楽しみにしてるから!
2008/05/15 21:39  | URL | あき #v8QjPvAY[ 編集]
- ありがとう -

オーストラリアでもちょこちょこ更新できたらいいなぁ。

好きこそものの・・やもんね。
あきがほんまにお年寄り好きやねんな、ってのが体中から現れてるよ!そんなあきはステキやで☆

とうもろこしとかさとうきびも燃料になるよ。バイオ燃料やね。
石油の代わりにこれを使っていこうっていう動きになってるから、優先的にとうもろこし、菜種、大豆が作られて、小麦を作る農地が減ってるんだ。
小麦粉高騰の一因やな~
2008/05/16 14:50  | URL | Q #-[ 編集]
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetotewoawasete.blog32.fc2.com/tb.php/2-37ec36d5

| メイン |