スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
味噌仕込み vol.3
2013/02/12(Tue)
この冬3度目の手前味噌作りです。

今回は、実家で、祖母と母と3世代で。

手前味噌という名前は、
大豆をこねこねするとき、自分の皮膚についてる常在菌も一緒に混ぜ込むから、
まったく同じ材料で作っても、
作った人によって味が微妙~に違うということからきてるらしい。

おもしろい。

大豆、麹、塩、とたった3種類の材料でできちゃうお味噌。
1年かけて発酵されたお味噌は、乳酸菌がたーぷり入ってて、
昔からの日本人の健康食!

去年は実家用に7Kgおすそ分けしたのですが、
10月末に解禁した味噌は、おそらく今月いっぱいで終わってしまうでしょう・・
毎朝、味噌汁を作る4人家族には、少なかったみたい。

というわけで、今回は、プラス7Kgをこのたび仕込むことにしました。
(それでも1年もたないだろうけど・・)


大豆は、旦那の両親が育てて、選別してくれたものを。
麹は、この淡路で、近くにある味噌屋さんで仕込んだものを購入。
塩は天然の天日塩を用意します。

大豆は前の日から水に浸しておき、
次の日、煮ます。
(3時間かかった!)

指で潰れるくらい、柔らかーーく煮れたら、
すり鉢で潰します。
P1060697_convert_20130212112037.jpg

大きいすりこ木が見当たらず、小さいのを使い、コツコツ潰す。

「えらい力いるなぁ~」とブツブツ言いながら潰すお母さんと
黙々とこなすおばあちゃん。
対照的でおもしろかった(笑)

3人で、「豆、甘いな~」とつまみながら、どんどん潰す。

わたし個人的には、豆の粒が荒く残ってる味噌が好きなんだけど、
お父さんや妹が嫌がるので、けっこう几帳面になめらかになるまで潰しました。

潰した豆は、番重に入れ、
麹と塩を混ぜたものを加えて、
すべてを混ぜ合わせます。
P1060702_convert_20130212112304.jpg

まんべんなく混ざったら、
空気を抜きながらボールを作り、
樽に入れていき、また空気を抜きます。
味噌は通性嫌気性のため。
だから、ほんとは、陶器とか木の樽がベストみたいなんだけど、
(微量の空気を通すから)
今回はいいサイズのがなかったので、これで。
P1060703_convert_20130212112547.jpg

表面に塩をまいてできあがり☆

秋まで寝かせておくので、おいしくなってねー!!
スポンサーサイト
この記事のURL | 暮らし | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<淡路産のそばカフェ | メイン | やっぱりすごい、自然農>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetotewoawasete.blog32.fc2.com/tb.php/227-05c8e8d1

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。