スポンサーサイト
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事のURL | スポンサー広告 | ▲ top
沖縄の畑人(ハルサー)
2010/02/28(Sun)
石垣から帰ってきて、次の日からまた香川、
そして、明日からやっと落ち着いて、淡路島です。


時は戻り、石垣の旅の続きです。
友達の綾が、いろいろ手配してくれ、綾の友達の有機農家さんが、石垣のあちこちと、畑を案内してくれました。
(ちなみに、彼は、わたしが滞在中、原チャまで貸してくれた!)

岐阜から10年前に石垣に移住した彼、田中さん。
なぜに石垣に引っ越したの? かというと、
「パイナップルを作りたかったから」

かなりのフルーツ好きみたいで、それにかける愛情も手間も半端ない。
南国のフルーツの代表格、パイナップルやパッションフルーツなどは、夏が収穫どき。
今は、苗やつるの管理が欠かせません。パッションは、毎日(時には日に2回)、つるを支柱に巻き付けます。
一人で、巻き付けること、4時間。
パッションフルーツたちは、幸せです。
P1030858_convert_20100228220814.jpg


田中さんは、石垣でもたった2箇所しかない、無農薬有機パイナップル農家さん。
パイナップルはかなり糖度が高く、 カラスや虫に食べられたり、管理が難しいので、
無農薬で作るのは、手間暇がかかります。
そして、ほとんどのパイナップルは、まだ、完熟するだいぶ前に収穫してしまい、
冷蔵庫や倉庫で熟さて、お店などに並びます。

しかし、田中さんは、完熟する少し前に収穫し、
お客さんの手元に届くころにちょうど食べ頃になるように送るとのこと。
(お店には置かずに、直接注文して送るとのこと)

実はわたしも去年、いただきましたが、届いてすぐ食べましたが、
果肉が濃い黄色で、ほんっとにみずみずしくて甘い!!
種類も、通常のパインに、ピーチパイン、スナックパインなど、様々。
P1030869_convert_20100228220411.jpg

P1030871_convert_20100228215832.jpg
↑実が現れ始めたところ。

あぁ、こんな人が作ってたんだーと思うと、さらにこのパイナップルに愛着が湧き、
また、ぜひ今年も食べてみたい!と思いましたぁ。


パイナップル農園を出て、 川添いに固まってるのが、田植えを終えたばかりの田んぼ。
沖縄は、二期作なので、6月ぐらいに稲刈りをして、また田植えをします。
知らなかったー。

こちらは、ダチョウ。
P1030842_convert_20100228220551.jpg
食用です。
毛も皮も捨てずに使います。


マングローブを見に、川へ。
南国に来た、って感じですね。
マングローブは、淡水と海水の中間に生息するので、
海に近い川によくなってます。
P1030878_convert_20100228221053.jpg
P1030880_convert_20100228221355.jpg


別の日には、綾の別の友達(果物の観光農園をしている)のところへ。
沖縄のフルーツをおなかいっぱい食べてきましたぁ。
パイナップル(普通のと、ピーチパイン)、バナナ、パッションフルーツ、
シャカトウ、サトウキビとフルーツジュース。
シャカトウとパッションフルーツは、時季はずれなので、冷凍していたのを解凍してくれました。
P1030951_convert_20100302104913.jpg


シャカトウって果物は、初めてだったなー。
見た目が、御釈迦さんの頭に似てるから、この名前がついたとか。
とっても甘くて、ちょっとクリーミーな食感だったかな。
P1030952_convert_20100302104353.jpg



最後に、どこまでも続く、波照間島のさとうきび畑。
和みます。
P1030931_convert_20100228221542.jpg


スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<うちの近くに、アートなカフェ オープン間近! | メイン | 石垣島の旅>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetotewoawasete.blog32.fc2.com/tb.php/85-17ed01f2

| メイン |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。