淡路島で花博10周年イベント 開催中~
2010/04/11(Sun)
2000年の淡路花博より10年が経ち、
現在、同じ舞台で
花博2010 花みどりフェアが行われています。

わたしは、いま、その会場のひとつである
奇跡の星の植物館で、
アテンダントをしたり、
花の植え替えや事務仕事をしたり・・
ということをしています。


奇跡の星、というのは
地球のことで、
惑星の衝突によってできた地球、
水を持ち、熱を保つことのできる地球は、
まさに奇跡の星です。

そんな地球を
地球で生まれた植物を
伝えていくため、
残していくため、
この植物館では、さまざまな取り組みやイベントをしています。

いろんな原種の花や木などを植えたり、
日本、また淡路島特産の瓦や土壁などと一緒に展示したり・・


わたしも、ここで知ること、
お客さんに教えてもらうことも少なくありません。
日本の庭は、世界でも有名だし
人気があります。
やはり、日本の風土に合うのは日本の庭。
そこに、イギリスの庭をコラボレーションさせたりして、
オリジナルの庭や、珍しい花などを楽しめること間違いなし!


いま、植物館の外では
ローズガーデンが展開中。
バラに囲まれた道を歩けます。
P1040125_convert_20100411204509.jpg

P1040127_convert_20100411204656.jpg

P1040129_convert_20100411205013.jpg


クレマチスやミニバラ、
珍しい椿(’窓の月’という品種)もわたしのお気に入り☆
P1040132_convert_20100411205733.jpg  P1040134_convert_20100411210735.jpg P1040133_convert_20100411213049.jpg  P1040135_convert_20100411205951.jpg


また、新たな企画として、春からは
“キッチンガーデン”と名づけられた
野菜のお庭が見られます。

野菜の花を見たのは初めて!
野菜って花咲くの?!
という子供たちの新鮮な反応も見られます。
P1040144_convert_20100411203945.jpg

P1040143_convert_20100411205318.jpg

P1040140_convert_20100411204152.jpg


5月までは、
毎週土曜日には、
きのこ(樹の子)村という
子供たちが自然を感じて遊べる、木に囲まれた場所を開放し
いろんなことをします。

まずは、看板作り。
GetAttachment[1]

石釜でパンを焼くため、薪に火をつけているところ。
GetAttachment[3]

きのうは、野菜の花をみて、
“野菜当てゲーム”。
盛り上がりました。
GetAttachment[2]

201004101311000[1]

スポンサーサイト
この記事のURL | 未分類 | CM(0) | TB(0) | ▲ top
<<I LOVE 椎茸☆ | メイン | 空と山に囲まれた ソラノネ食堂in滋賀>>
コメント
コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する


▲ top
トラックバック
トラックバックURL
→http://tetotewoawasete.blog32.fc2.com/tb.php/96-d97aae3a

| メイン |